FC2ブログ

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式は下がった時ではなく、むしろ上がった時が買い時だと株式評論家は言うけれど・・・・

2015-04-13 (Mon) 09:19[ 編集 ]
株式評論家の多くは、

「株は下がった時に買い、上がった時に売るというのは実は間違いで

むしろ、上がった時に買い、下がった時に売るのが正解です。」


とよく言います。

でも、私は、これって間違ってると思っています。

なぜなら、下がった時は反発することが多く、

上がった時は反落することが多いからです。

それなら、やっぱり下がった時が買い時で、

上がった時は売り時かと言うと

これも、やっぱり間違いと思っています。

なぜなら、下がった銘柄は、いったん反発することがあっても、

その後、下げることが多く売りそびれて結局損することも多いからです。

また、上がった銘柄は、いったん反落しても、その後は上昇続けることが多く

大きな利益を取り損なってしまうことがあるからです。

そしたら、いったい何が正しいの???

間違いなく言えること・・それは、

「株式は株価が安い時に買うもの、そして株価が高い時に売るもの」ということです。

そしたら、どうすればいいか??

私の経験では、

「短期売買なら急落したときは買い、急騰したときはいったん売却する。」

そして、「長期的には、株価が大きく低迷しているときは買い、

高値で推移しているときは、欲を出さずに売却すること」
だと思っています。

以上は私の見解であり、株式投資は、自己判断と自己責任でお願いいたします。

ブログランキングに参加中!
↓よろしかったらクリックお願いします。

  ☆⌒(*^-゚)v Thanks!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kabudekatu2008.blog19.fc2.com/tb.php/79-01f17e25

ブログパーツ エステ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。